人材紹介

転職に失敗してから自信を無くしました

[30代/男性/IT系零細企業/IT・エンジニア]の転職体験談
・利用した転職エージェント:リクナビネクストなど

 

私は初めて転職したときすごく自信に溢れてイキイキしていました。転職した理由は家庭の事情で父が病気だったことが原因でしたので、転職をする際に地元企業を選択して初めて地元企業の闇を知ることになりました。

 

私が転職したその地元企業の離職率はとても高く、私はそのことに気付くのは入社して数か月してからでした。一緒に働いていた人が突如耳が聞こえなくなり、奇声を発して会社に来なくなりました。その会社ではこういうことは当たり前に起きるのかみんな平然としていました。

 

また、私は自分の社員番号の先が空欄になっているところがたくさんあることに違和感を感じました。いろいろ調べていくうちに、その人たちはすべてパワハラで辞めていったことを知りました。

 

この会社は転職してきた人をつぶしてしまう会社だということに気付いたのは、私が体を壊しかけてからでした。

 

会社には定時というものがなく、みんな牽制残業をしていました。牽制残業しているうちはみんな帰れず、帰ると次の日にたくさんの仕事を振られるのでした。

 

上司は本当に何もしない人で、毎日遅刻してきて不具合など問題をだし、それを後輩に尻拭いさせていました。特にひどいのはパソコンなどの購入についてでした。SPEC以下のものを購入してはそれを後輩のせいにしていました。社長はその社員とすごく仲が良いので、みんなのいうことには耳を傾けませんでした。

 

そして私も心の病気になってしまいました。もう少し調べてから転職するべきでした。