人材紹介

転職は何がしたいのかが最も重要なポイント

[40代/男性/メーカー/営業職]の転職体験談
・利用した転職エージェント:パソナキャリア、リクルートエージェントなど

 

私は過去に二度経験しています。一度目の転職は20代後半、二度目の転職は40代前半でした。

 

一度目の転職当時は、転職先を探すのはリクルートの転職情報誌、職業安定所などしかない時代です。現代と違って転職エージェントなど無い時代でした。

 

転職エージェントのパソナキャリアに登録し、紹介された会社3社に応募して、そのうち合格した1社に転職しました。そこから約10年勤めて、42歳の時に二度目の転職をしました。これは起業です。

 

会社を辞めて転職をした時には、きちんとその理由があります。私の場合、究極の結論を言えば、その仕事がつまらなくなったからです。

 

どちらの年代の時の転職も、仕事をやりきった感がありました。そして、やりきった仕事の経験が、次の仕事に活きると明確に感じていました。つまり経験を基にして新天地で活躍できる確信があったのです。

 

それが無い転職は、私はお勧め致しません。きっと失敗する可能性が高いと思います。

 

躊躇無く退職して転職できる気持ちがあるなら問題ありませんが、何かわからないけれど躊躇があるのなら、転職はしない方が無難です。仕事を変わるというのはリスキーな行為ですから、紛れも無い確信が無いと失敗する可能性は大です。

 

現代は転職エージェントなどという便利な会社がありますから、職を見つける作業は比較的楽です。しかし、問題は職を見つけることではありません。

 

自分が何をしたいのか?そして何ができるのか?そのモチベーションが無いままの転職は危険と言わざるを得ません。

 

とにかく自分を見つめなおすことです。自分の能力を活かしたいのか?単に環境の良い職場を求めるのか?自分を求める人がいる会社で働きたいのか?私の様に起業して事業を行いたいのか?

 

その為には自分自身をきちんとSWOT分析できている事が肝要です。私は常日頃、自分をSWOT分析する様に心がけて来ました。

 

それは起業をした今も同じです。SWOT分析の結果から、自分にしかできない仕事が何かわかるのです。自分が仕事をする意味を見つけるのです。